矯正歯科治療を始める年齢

歯並びは人間にとって非常に重要なものです。しかし軽視されがちであり、そのことで日本人は出っ歯が多いと言われています。矯正歯科治療は永久歯が生えそろう9歳前後に行うのがベストと言われています。それは正常な顎の成長も見込めるからです。しかしこうしたタイミングを逃したからと言って諦めることはありません。最近は大人になってからでも充分矯正歯科治療ができるようになっています。一度クリニックでカウンセリングを受けると良いでしょう。

矯正歯科でも保険は適用される

矯正歯科は、不正咬合や顎変形症の治療をするための歯科の診療科のひとつのことです。不正咬合は、歯や顎が何らかの原因により正常な咬合状態では無くなったことです。不正咬合が原因となり、疾患や機能障害を起こす恐れもあるので、矯正治療が必要になります。日本では、審美目的の一般的な矯正では保険は適用されませんが、外科手術を必要とする治療や、不正咬合によりほかの体の部位の健康を害するものであれば、矯正歯科で健康保険が適用されます。

↑PAGE TOP