矯正歯科での定期検診は重要

インプラント治療を矯正歯科で受けたあとは、必ず定期検診を受けることが大切です。適切な検診と必要に応じたメンテナンスが実施されることによって、インプラントの状態を快適に保つことができることができます。また、インプラントそのものの寿命も延ばすことが可能となります。定期検診については治療を受けた矯正歯科によって、どのくらいの頻度で受ければよいかという期間が異なりますが、一般的には3ヶ月から半年に1回は受けたほうが良いと説明される場合が多いでしょう。その際に次回の定期検診の日時まで予約を入れられることが通例ですので、受診のし忘れを回避するためにも必ず予約を行っておくことが大切です。矯正歯科でのインプラント治療は、定着して自分の歯と同じように噛める状態になれば終了というものではありません。少し面倒に感じる人もいるかもしれませんが、定期検診はとても大切です。少しでも異常があればすぐに適切な処置を行うことができますし、問題がない場合でも接合部分を入念にチェックすることや汚れなどを除去して、快適性を保つことが可能です。なお、定期検診のみで終了するとその費用はそれほど高くはありません。わずかな負担で大きな安心を保てるためにもぜひインプラント治療後には矯正歯科の指示に従いましょう。

↑PAGE TOP