矯正歯科のインプラントの利用

矯正歯科では、インプラント矯正という方法で、歯並びを変えることが可能になっています。従来の矯正治療とは違って、インプラントを歯の間に挿入して歯を移動させていくことができるため、従来の治療よりも歯を早期に動かすことができ、治療期間を大幅に短縮することが可能になっています。矯正歯科でのインプラント矯正は、従来の治療とは違い、抜歯しないで治療を行えるケースが多いです。従来の治療では、ワイヤーで、一方向にしか歯を移動させていくことができませんでしたが、専用の金属を使うことによって、歯をいろいろな方向に動かすことが可能であり、従来の治療ではできないような矯正を数多く行うことが可能です。矯正歯科で行えるインプラント治療は、従来の治療法よりも歴史が浅いため、行うことができるクリニックがまだ少なくなっています。従来の治療法とは違い、金属を挿入する技術も必要になるため、技術のあるクリニックを見極めていくことが重要になっています。治療件数の違いなどを比較していくことが重要になっていて、口コミなどの満足でも、比較することも大切になっています。いろいろな治療を組み合わせて治療することも可能であるため、良い内容の治療を見極める必要があります。

↑PAGE TOP