矯正歯科でじっくりと治療に臨む

インプラントは使用感の観点からも審美性の観点からも、たいへん優れている治療方法です。自費治療になるために、治療費用の負担は多くなりますが、その費用に見合った以上の価値のある生活を実現できますので、是非おすすめしたい治療方法と言えます。矯正歯科では、インプラント治療も積極的に推進しています。見た目の問題で、部分入れ歯に対して違和感を持つ人が多く、見た目が自然な仕上がりとなるインプラントを臨む方が多く訪れます。治療期間は矯正歯科の医師との相談で決められていくものですが、通常の虫歯治療とはちがい、数回の通院で終了するものではありません。多くの場合は予備検査から基材の埋め込みと定着、そして義歯の装着と調整という作業が必要となります。一般的な期間については3ヶ月から半年程度と考えておくのが良いでしょう。時間が取りにくい方やなるべく早く装着を完了したいという場合には、矯正歯科医との打ち合わせでスケジュールを前倒しにするという方法も考えられますが、顎の骨とインプラント基材との定着期間が必要となりますので、3ヶ月未満での治療完了は難しいものと考えたほうが良いでしょう。じっくりと治療に向き合うことが重要です。詳細は矯正歯科医に問い合わせてみることをおすすめします。

↑PAGE TOP